人生の地図を描く

人生のビジョンというものは、地図をつくるときと似ているかもしれません。
地図をつくるときは、現在地から目的地までの順路を正確に把握していなければならず、それを熟知しているからこそ、「正確な」地図を書くことができる、と言えます。

いわゆる『順路』は、私達の人生における、『選択』や『道筋』と置き換えることができます。私達は人生においていろいろな選択を求められて、そのたびに、どちらの道に進む、という決定を行い、それによって自分がどの道に進むか、という点を選んでいます。
その道においてどのような人に出会うか、どのような事を成し遂げるか、どのような失敗をしてしまうか、ということをある程度予想して、道を決めている、と言えます。まさに、私達は生きながらにして地図を書き続けているようなものなのです。

その地図においては、やはりお金や健康といった要素が重要です。それらがある程度一定の基準を満たして初めて、どちらかある一方の道を選択するということが可能になります。
だからこそ、私達は人生で最大の買い物の一つとなる保険の選び方に関して、より正確な地図を作っていくような選択をしたいと思います。その道の先に、良い結果を招くためにです。